ショップブログ

2Fリラクゼーション

ラフィネ

058-322-2961

アーカイブ

いつも忙しいあなたへ。

2020.06.28

こんにちは、ラフィネです。

今回は新ハーブティーの第3弾『デトワール』をご紹介します♪

こちらのハーブティーのイメージは
安らぎを与える「星」

原材料はカモマイルジャーマン、ラベンダー


こちらのハーブティーはカモミールでございます。


お空にキラキラ輝く「星」

町と自然が見事に調和した景観を大切にしているプロヴァンス地方では
高い建物やアンテナは禁止されている為
空を遮るものがありません。
なので一面に広がる星空を眺めることが出来るのです。


すごいですよね。
そんな星空を最近見ていない!!!



私はよく岐阜市科学館へプラネタリウムを見に行くんです。
(今はまだ出来ませんが·····(´•ω•̥`))

前回の上映は特に印象に残っていて
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』をしていたのです。(好きすぎて2回見に行きました)

プラネタリウムに広がる銀河へと続く道。

キラキラとした星ばかりの空間ではなくて
花や草、電信柱に信号、それから橋。
宇宙と現実世界の間を主人公ジョバンニとカムパネルラが旅をする物語でした。


ちなみに皆さんは銀河鉄道の夜を読んだことありますか(。•ᴗ•。)?

色んなシーンがある中で
私は作中の「蠍の火」が好きです。

小さな虫を殺して生きてきた蠍が

ある時イタチに見つかり食べられそうになって一生懸命逃げるのですが

捕まりそうになった時井戸に落ちてしまいます。

井戸から上がれないで溺れ始めた蠍が神様に祈り始めるのです。



“ああ、私ははいままでいくつものの命をとったか分からない
そしてその私が今度いたちにとられようとした時あんなに一生懸命逃げた。
それでもとうとうこんなになってしまった。
ああ、なんにもあてにならない。どうして私は私の体を黙っていたちにくれてやらなかったのだろう。
そしたらいたちも一日生き延びただろうに。”

(宮沢賢治)


そして蠍は空にあるお願いをすると
蠍は真っ赤な火になって夜の闇夜を照らし始めるのです。

この小説には至る所に「誰かのために」という宮沢賢治の想いが詰まっています。
最後には·········1度ぜひ読んでみてください(*´ `*)


この小説の事を星を見ながら思い出すと
切ないけどどこか暖かい気持ちになるんです。



まだまだ書き足りない事ばかりですが、

ハーブティーを飲みながら
色々な物語に触れるとその世界観をじんわりと感じることが出来ます。



因みに私は心霊探偵八雲の最終巻が出たので
今日はじっくり読もうと思います。

因みにこの小説もめちゃくちゃ長い間続いてて面白いですよ♪




とてつもなく小説の熱量が上がってしまいましたね(笑)


最近は雨でお星さま見えないかもしれないですが
キラキラとした間接照明の中、ぜひハーブティーを飲みながら自分の時間を楽しんで頂けたらと思います。



おあとがよろしいようで。



ショップブログ

MORE

ショップを探す

キーワードから探す

  • カラタンSports!
  • WEBチラシ
  • メルマガ+LINE@
PAGE TOP